Tokyo 1964

18回オリンピック競技大会は、アジアで初めて開催されたオリンピック大会でした。男子柔道とバレーボールが新種目として採用されたほか、全種目のピクトグラムが生まれました。東京1964オリンピック競技大会では、陸上種目でシンダートラックが初めて使用されたほか、棒高跳びではグラスファイバー製のポールが使用され、技術の発展を示しました。公式タイムに手動ストップウォッチが使用された最後の大会でもありました。

松本零士氏は、オリンピック大会種目の中でも特に水泳が好きで、20代の頃に見た東京1964オリンピック競技大会の水泳種目が記憶に残っており、作品では水泳を表現しています。松本氏は彼自身がオリンピック大会で体験した、いつまでも色褪せない喜びの瞬間を特別なアトワクとして表現しています