Sydney 2000

2000年に開催された第27回オリンピック競技大会は、オーストラリアで開催された2回目のオリンピック大会でした。新たな種目としてトライアスロンとテコンドーが加わり、近代五種競技と重量挙げにはオリンピック大会史上初めて女性が参加しました。シドニー2000オリンピック競技大会の名場面の一つは、オーストラリア先住民出身選手が開会式でオリンピック大会聖火台に点火をする場面でした。オーストラリア先住民との融和への願望を象徴した感動的な瞬間でした。

この開会式での聖火台点火シーンは、オリンピック大会史上最も美しい場面の一つとして記憶されています。オスロ・デイヴィス(Oslo Davis)は、この象徴的な瞬間をユニークな芸術スタイルで描写しました。オリンピック大会聖火台を背景に、聖火をげる最後の聖火ランナが描かれています