Paris 1924

8回オリンピック競技大会は、多様な魅力を持つオリンピック大会の登場を示唆しました。この新たな人気は国内オリンピック委員会の参加者増加と、1,000人以上の記者団を通じて証明されました。パリ1924オリンピック競技大会では閉会式の際、国際オリンピック委員会旗、開催国国旗、参加国国旗をすべて掲げ、今日まで続く閉会式を最初に取り入れたオリンピック大会でもあります。オリンピック大会選手村のコンセプトも、このオリンピック大会で最初に導入されました。

アレクサンドル・クレリス(Alexandre Clérisse)は、初のオリンピック大会選手村の前に走っている選手を描きました。エッフェル塔を背景に、静かな朝にオリンピック大会のためにトレーニングしている選手を表現したいと考えました。この作品のノスタルジックで独特の配色は、彼のオリジナル作品にもよく見られます。