Los Angeles 1984

23回オリンピック競技大会の開会式は、多くの見せ場を演出しました。開会式では、入場の隊列を離れて参加選手たちが即興ダンスする姿が見られました。このような情景は今まで閉会式では見られました。感動的な雰囲気が開会式を自然と演出した証ともいえます。俗にロケットマンと呼ばれたビル・スーター(William Suitor)がジェット推進飛行装置をつけてスタジアムを横切り、多くの観衆とファンを魅了させました。このパフォーマンスは、オリンピック大会開会式の歴史の中で最も印象的な場面の一つです。

ニール・アダムス(Neal Adams)は、ロサンゼルス1984オリンピック競技大会開会式の忘れられないハイライトを描きました。自分が生涯にわたって表現してきたヒーローたちと同じ方法でジェット推進飛行装置を背負い、オリンピック大スタジアムを切るビルを描きました