London 1908

4回オリンピック競技大会は、当初ローマで開催される予定でしたが準備が間に合わないと判断され、ロンドンで開催されることになりました。短い準備期間にも関わらず、非常によく組織されたオリンピック大会でした。オリンピック大会史上初めて、オリンピック大会専用スタジアムが特別に準備されました。また、組織委員会はマラソンの距離を42.195kmに設定しました。最後の195メートルが追加された理由は、スタジアムのロイヤルボックスの下でマラソンレースが終わるようにするためのものでした。

エマ・ヴィチェリ(Emma V ieceli)は、この大会のマラソンの瞬間を再現しました。マラソンが最も人気ある種目であったからというだけでなく、ロンドン1908オリンピック競技大会から今日まで使用されているマラソン標準距離が導入されたからです。全体的なアートワークと素晴らしい色の選択により、イベントの特別な瞬間を思い起こさせてくれます。