Berlin 1936

11回オリンピック競技大会ではギリシャのオリンピアで聖火を採火し、オリンピック大会競技場まで運ぶオリンピック大会聖火リレーが初めて実施されました。ベルリン1936オリンピック競技大会で聖火は、ギリシャ、ブルガリア、ユーゴスラビア、ハンガリー、チェコスロバキア、オーストリア、ドイツの7カ国を経て、走行距離3,000km以上にのぼりました。ベルリン1936オリンピック競技大会以降、すべてのオリンピック大会で開会式前に実施されている聖火リレーはオリンピック大会の重要な一部になりました。

イザベル・クライツ(Isabel Kreitz)は、オリンピック大会聖火を持ってオリンピック大会競技場に入場し、聖火台の階段を上がる一人の若者を描きました。招き猫の顔を完成させるのにドイツ国旗に使われている黒、赤、金の3色だけを利用し、歴史的瞬間を際立たせ、アーティストとしての創造性が見られます。このような特のスタイルの彩色は、彼女の他の作品でもよく見られます