Athens 2004

1896年にオリンピック競技大会を開催したアテネは、夏季オリンピック大会を2回開催した4番目の都市になりました。オリンピック聖火は、初めてオリンピック大会の開催都市(過去及び未来)だけでなく、スポーツ、歴史及び文化面で重要な意味を持つ他の都市を経て、アテネへリレーされました。アテネ2004オリンピック競技大会は、オリンピック大会メダルのデザインが今日のデザインに変更され、オリンピック大会の歴史において重要な瞬間でした。

アタナシオス・ペトル(Athanasios Petrou)は、新しく一新されたオリンピック大会メダルを描きました。勝利の女神ニケ(Nike)がパナシナイコスタジアムへ飛び込み、最高の選手達に勝利をもたらす姿をありのままの色彩コントラストで描きました。パナシナイコスタジアムは、1896年、2004年いずれのオリンピック大会マラソン種目でもゴール場所として使用されたため、アタナシオス・ペトルはこれを強調したいと考えました。アテネ2004オリンピック競技大会のマラソン種目のコースは、アテネ1896オリンピック競技大会のコースがそのまま使用されました。