Antwerp 1920

7回オリンピック競技大会は第一次世界大戦に苦しんだベルギー国民を労わる意味でアントワープで開催されました。開会式では、オリンピック大会の普遍性を象徴する五輪旗(Olympic flag)が初めて掲揚されました。また、すべての参加選手を代表して一人の選手がオリンピック大会宣誓を行った初めてのオリンピック大会でもあり、平和の象徴として鳩が放たれました。

ペンネームのジャンリー(Janry)で有名なジャン=リチャード・ゲルツ(Jean-Richard Geurts)は、シナリオ作家トム(Tome)が作った有名なキャラクターの一人、ヤング・スピルー(Young Spirou / Le Petit Spirou)のいたずら心のあるイメージを表現しました。この作品で、ヤング・スピルーはトレードマークの赤いベルボーイの制服を身にまとい、様々なガジェットとツールを使ってオリンピック大会のシンボルを製作し、アントワープ1920オリンピック競技大会で初めて使われた五輪旗をまぐれに表現しました